AAS Film Expo 2017で上映されます!

2017年3月16日から19日にカナダオンタリオ州トロントのシェラトンセンタートロントホテルでアジア研究学会年次会議が開催されます。その中の催しであるAAS Film Expo 2017において Living Through March 11, 2011上映が決定しました。

アジア研究学会Association for Asian Studies (AAS)は、北アメリカのアジア研究者による年次会議です。そこでは毎年広範囲なアジア関連の事柄についての研究論文、討議、及びパネルセッションが行なわれています。

作品の上映は3月18日(土)、午後4時15分からです。

AAS 2017 Film EXPO

当日配布されるチラシ

3月11日 甲南女子大学で上映会があります。

「津波のあとの時間割」チャリティー上映会
日時:2014 年3月11日(火)14:00 ~ 16:10(13:30 開場)
場所:甲南女子大学 751 教室
主催・お問合せ 甲南女子大学 対外協力センター 社会貢献室
TEL:078-413-3811 E-mail:vc@konan-wu.ac.jp
大学の上映会ページはこちらです。

甲南女子大学上映会チラシ(改訂)

『3月11日を生きて』 仙台で上映されます。

日時:11/22(金)18:30~20:15
会場:エルパーク仙台ギャラリーホール(141ビル6F)
料金:500円(18歳未満は無料です)
定員:200名(11/20(水)締め切りの事前申し込みの上、先着順です)
申し込み先:せんだい杜の子ども劇場
TEL/FAX 022-375-3548 morinokodomo@s8.dion.ne.jp
託児有 12名まで 11/14(木)締切先着順です。

 

3月11日を生きて(英語版)を宮城県教育委員会に寄贈しました。

映画「宮城からの報告~こども・学校・地域」製作委員会が、2011年10月完成の「わたしはここにいます~石巻・門脇小・夏~」以降4本目になる「3月11日を生きて」の英語版を4月に完成させました。

5月13日(月)、阿部和夫代表、佐藤進事務局長、森事務局員、柴口事務局員が宮城県教育委員会を訪問し、この英語版DVD100セットを寄贈しました。具体的な寄贈先は、宮城県立高校及び県立図書館、教育研修センター、県内各教育事務所等の教育施設で、教材や一般視聴用として活用されることになります。

同日、県庁内の記者クラブにおいて、「3月11日を生きて」の英語版完成と、この英語版DVD100セットを宮城県教育委員会寄贈したことについて記者会見を行いました。会見では、阿部和夫代表が製作の経緯を説明し、東日本大震災を記憶に留めて今後の防災教育に役立ててほしいと語りました。また、世界中から支援が寄せられたことに関し、感謝の意を込めて145ヶ国の在日大使館に寄贈することも併せて発表しました。

今後、都道府県及び政令指定都市教育委員会、県内の映画製作後援団体、石巻管内小中学校、石巻圏2市1町、県内各自治体の教育委員会、県内大学関係等に寄贈する予定です。

ポレポレ東中野 上映後のトークイベント

2月23日(土)~3月15日(金)午前10:30よりポレポレ東中野で上映される『津波のあとの時間割~石巻・門脇小・1年の記録~』では、上映期間中にゲストを迎えてのトークイベントを開催します。

http://www.mmjp.or.jp/pole2/ (ポレポレ東中野)

Save0129

訂正―3月9日(土)のトークイベントは、森反章夫さんに変更いたしました。聞き手・青池憲司監督。

森反章夫(もりたん あきお) 東京経済大学現代法学部教授
阪神大震災のときから、学生とともにボランティアや支援活動を積極的に行ない、東日本大震災被災地でも精力的に活動。『3月11日を生きて』の作品レビューを「青池組@宮城応援ページ」で掲載。                           http://www.shinsaihatsu.com/org/aoike-miyagi/review01.html 

 

尚、トークイベント終了後にはゲストと青池憲司監督を囲んでの「お茶っこクラブ」を近隣カフェにて開催します。詳細は問い合わせ下さい。℡03-3371-0088(ポレポレ東中野)

 

3月11日を生きて―英語版―

『3月11日を生きて』―英語版―がついに完成しました。3月5日(火)・東京・東中野「ポレポレ東中野」で国内初上映です。続いて3月10日(現地時間未定)・イギリス・ロンドンでの上映会も決定しています。

ロンドン上映会の発起人「エイドフォージャパン」・田中ソロウェイ明美さんよりコメントも入っております。「ロンドンでも、3月10日に上映する予定です。わたしたちは、英国にて震災孤児を支援する活動をしております。」

「エイドフォージャパン」  http://www.aidforjapan.org.uk/jp.html

 

 

山形国際ドキュメンタリー映画祭のpdfができました

山形国際ドキュメンタリー映画祭のpdfができました。                        2013年3月1日~3日、東日本大震災復興支援上映プロジェクト「ともにあるCinema with Us 忘れないために1 」が開催されます。期間中の1日、2日『津波のあとの時間割』が上映されます。
http://www.aftertsunami.net/wp-content/uploads/2012/wasurenai1_n.pdf

青池憲司監督からのメッセージ

11月23日、24日、25日の3日間、オーストラリア・ゴールドコーストにて証言篇『3月11日を生きて』の上映会が開催されました。日本人会の方々の招聘に応じ青池監督が、オーストラリア入りしております。今朝(26日)新着のメッセージが届きましたのでご紹介致します。

みなさん                                               オーストラリア、ゴールドコーストでの上映会のかんたんな報告です。             21日の早朝に到着し、この企画の肝入りのおひとり品川真有美さん宅に滞在して、ご家族と過しています。上映会は、ベノア小学校(24日)がメインで、ボンド大学(23日)、クイーンズランド州立図書館(25日)の3回。ほかに、地元のコミュニティFMへの出演や邦字紙のインタヴューなどもありました。

ボンド大学は、日本語を学ぶ学生たちを対象にした上映会で、オーストラリアンはもちろん、
中国人(大陸、台湾)、日本からの留学生たち十数人が集りました。
トークでは、質問をまじえて、被災地の「いま」を話しました。
この上映会は、GAVIN Masako教授(日本思想史)の授業の一環として行われました。

ベノア小学校上映は、品川さんもメンバーの「絆プロジェクト」主催で、
当地に住む日本人160人超の観客(家族連れ)で、質量ともに大盛会でした。
トークではやはり被災地の「いま」を中心に話しました。
情報としては知っていても、わたしがナマのことばで話したことの意義はあったと思います。

クイーンズランド州立図書館はこの州の首都ブリスベンにあり(ゴールドコーストとは約80キロの距離)、地元の日本人とオーストラリアンの文化関係者の協力で実現しました。設備のよいホールで、最高の上映環境でした。観客は130人超、質疑応答も活発に行なわれて充実した会でした。

どの会場でも「英語版の完成を待ってもっと多くのオーストラリアンにこの映画を見せたい」
との声が上がりました。以上、かんたんですが、ゴールドコーストにて。

明日(27日)帰国します。

青池

青池憲司監督からのメッセージ

みなさん

秋も深まってきました、いかがお過ごしでしょうか。

以前にもおつたえしましたが、
映画『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』(日本語版)
の上映会が、オーストラリアのゴールドコーストで行なわれます。
現地のみなさんのご尽力と多くのご協力のたまものです。ありがとうございます。
わたしもお招きにあずかりました。
映画の上映とともに、「被災地の現在」をお話したいと考えています。

みなさんの友人、知人、ご存知よりの方で、ゴールドコーストと近隣にお住いの方がいらっしゃいましたら、ご案内ください。よろしくおねがいします。

また、いま、この作品の英語版と中国語版の製作を進めています。
広く、世界に発信していきたいと思います。
こちらもよろしくおねがいします。青池<以下、主催者の上映案内です>

『3月11日を生きて 石巻・門脇小・人びと・ことば』の上映会

  • 「遠く離れた地でも、被災者の気持ちを分かち合える瞬間があるだろう」
    「被災者に寄り添って撮り続けた監督の生の声を、日本各地から集まっている日本人に聞いて・それをまた誰かに伝えてほしい」1995年、阪神大震災の神戸の復興を描いたドキュメンタリー映画「阪神大震災 再生の日々を生きる」を指揮した青池憲司監督。今回、大震災と津波によって焼失した石巻市立門脇小学校を舞台としたドキュメンタリー映画、「3月11日を生きて」を製作、大震災のその日、午後2時46分の地震発生から翌朝までの約16時間を児童、保護者、教師がどういう思いでその瞬間、時間を過ごしていたのか、37人の実際の被災者がご自身の言葉で語りかけます。

    当日はこの映画の上映、そして映画を作りながら考えたこと、感じたこと、今の被災地支援の現状等、日本からこの上映会のためにゴールドコーストへお越しいただく青池監督に、映画の上映後熱く語っていただきます。お子様にも是非見ていただきたい作品です。是非お越し下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。======================================

    「3月11日を生きて 石巻・門脇小・人びと・ことば」の上映会

    日時:11月24日(土曜日)/ 入場無料
    開場:2:30PM  開演:3:00PM
    * 時間はすべてQLD州時間です。

    会場:ベノア小学校講堂(Benowa State Primary School)
    住所:314-355 Benowa Road, Benowa QLD 4217