横須賀で証言篇の上映会

◆6月23日(日) 横須賀市立大楠小学校体育館にて
午後1時 開場
午後1時30分 開演 はじめに
午後1時35分 「3月11日を生きて」上映開始

午後3時12分 映画終了 休憩
午後3時20分 青池監督トークショー&質疑応答
午後4時     終了予定

主催:復興支援を考える会 大楠
http://from-oogusu.jimdo.com/

3月11日を生きて(英語版)を宮城県教育委員会に寄贈しました。

映画「宮城からの報告~こども・学校・地域」製作委員会が、2011年10月完成の「わたしはここにいます~石巻・門脇小・夏~」以降4本目になる「3月11日を生きて」の英語版を4月に完成させました。

5月13日(月)、阿部和夫代表、佐藤進事務局長、森事務局員、柴口事務局員が宮城県教育委員会を訪問し、この英語版DVD100セットを寄贈しました。具体的な寄贈先は、宮城県立高校及び県立図書館、教育研修センター、県内各教育事務所等の教育施設で、教材や一般視聴用として活用されることになります。

同日、県庁内の記者クラブにおいて、「3月11日を生きて」の英語版完成と、この英語版DVD100セットを宮城県教育委員会寄贈したことについて記者会見を行いました。会見では、阿部和夫代表が製作の経緯を説明し、東日本大震災を記憶に留めて今後の防災教育に役立ててほしいと語りました。また、世界中から支援が寄せられたことに関し、感謝の意を込めて145ヶ国の在日大使館に寄贈することも併せて発表しました。

今後、都道府県及び政令指定都市教育委員会、県内の映画製作後援団体、石巻管内小中学校、石巻圏2市1町、県内各自治体の教育委員会、県内大学関係等に寄贈する予定です。